オートバックスでホンダフィットのタイヤ交換にかかった費用

先日、オートバックスでホンダフィットのタイヤ交換をしてきました。

本記事では実際にかかった費用や、そのタイヤを選んだ理由を紹介します。

車検が近づいていませんか?
楽天Car車検なら楽天ポイントが約3,000 ptもらえてお得です。

楽天Car車検の詳細はこちらをタップ!

 

オートバックスでフィットのタイヤ交換(4本セット)にかかった費用

まずは実際にかかった費用をお伝えします。

費用は工賃込みで5万8千円(税込)でした。

具体的な内訳は下記の通りです。

タイヤ交換費用の内訳

ブリヂストンのタイヤ本体46,000円
スチール+タイヤ交換工賃5,400円
タイヤゴムバルブ交換工賃2,200円
廃タイヤ処理料2,200円
ホイールバランス調整2,200円

タイヤ交換費用が高くなった理由

フィット(コンパクトカー)のタイヤ交換で5万8千円は高すぎるのでは?と思うかもしれません。

筆者も最初はそう思いました。

なぜなら、筆者が以前所有していた四輪駆動車の大きなタイヤでさえ交換費用は約8万円だったという記憶があったからです。

今回のタイヤ交換で5万8千円かかった理由は2つあります。

理由1:高いタイヤを選んだ

筆者は今回、比較的値段の高いブリヂストンのタイヤを購入しました。

オートバックスの店員さんからは下記4つの選択肢を提案されましたが、その中でもブリヂストンが1番値段の高いタイヤだったのです。

  • 約29,000円の海外製のタイヤ
  • 約51,000円の海外製のタイヤ
  • 約52,000円の某有名メーカーのタイヤ
  • 58,000円のブリヂストンのタイヤ

※全て工賃込み(税込)の価格

ブリヂストンを選んだ理由は下記のとおりです。

約29,000円の海外製の安いタイヤを選ばなかった理由

箇条書きの1番上のタイヤは工賃込みの4本セットで約29,000円です。

最初はこれでも良いかなと思ったのですが、オートバックスの店員さんが「あまり走らない車だとこのタイヤは逆に劣化しやすい」と言っていたのでやめました。(筆者は車を使う機会が極端に少ないのです)

さらに詳しく話を聞いてみると、筆者と同じようにあまり走らない車を所有しているお客さんがこのタイヤを買ったところ1年以内に再度タイヤ交換をしなければならないほど劣化してしまったことがあるそうです。(そのお客さんはとても怒っていたのだとか…そりゃあそうですよね)

とは言いつつも商品には当たり外れがあり、長持ちすることもあるそうで、このタイヤにするならそのデメリットを容認したうえで買ってほしいとのことでした。

「こまめに点検に来てくれれば大丈夫ですよ」

とは言っていましたが、値段が安くても「安かろう悪かろう」では困るので選びませんでした。

つっつん
そういえば海外製の安いタイヤは再生ゴムを使ってるから劣化が速いという話は聞いたことがあります

約51,000円の海外製のタイヤを選ばなかった理由

箇条書き2つめの約51,000円のタイヤを選ばなかった理由は、単純に海外製だからです。

オートバックスの店頭に行く前までは海外製のタイヤに何も抵抗はなかったのですが、先述した約29,000円のタイヤの話を聞いたあとだったこともあり、選択肢からは除外しました。

約52,000円の某有名メーカーではなく58,000円のブリヂストンを選んだ理由

箇条書き3つめの約52,000円の某有名メーカーではなく58,000円のブリヂストンを選んだ理由は、単純に店頭に在庫があったからです。

約52,000円の某有名メーカーのタイヤは店頭に在庫がなく、取り寄せになるため後日改めて来店する必要があったのです。

ちなみに、2つのタイヤの品質について店員さんに訪ねたところ「どちらのほうが品質が上だとかは言えない」とのことでした。

それなら少しでも安い某有名メーカーのタイヤにしたいという気持ちもありましたが、何度も足を運ぶのは億劫だという気持ちのほうが強くてブリヂストンに決めたというわけです。

理由2:物価の高騰

タイヤ交換費用が高い2つめの理由としては物価の高騰があります。

AIによると多くのタイヤメーカーが2023年4月から出荷価格を値上げしているとのことで、ブリヂストンも例外ではありません。

2023年、多くのタイヤメーカーが4月から出荷価格を値上げしました。値上げの理由は、タイヤ原材料費の価格高騰、生産や供給に関わるエネルギー費などが高値で推移していることです。

Source:Google生成AI(VAGUE)

つまり、筆者のタイヤ交換時期と物価高騰が重なってしまったわけですが、こればかりはどうしようもありません。安全面に関わることなので迷わず交換しました。

ちょっと後悔してること…

正直に言うと、「タイヤフッド」を利用しておけば良かったと少しだけ後悔しています。

タイヤフッドでは自分の愛車に合うタイヤの価格を事前に調べることができ、そのタイヤの購入と店舗交換予約をすることができます。

タイヤフッドなら品質が担保された価格の安いタイヤをネットで事前に買えるから費用の節約になりますし、今回みたいに飛び込みで来店したものの在庫切れで再来店ということにはならないんですよね。しかもオートバックスに取り付け予約もできます。

タイヤ交換を検討している方は、下記の4点を調べたうえで公式サイトでタイヤ検索してみてください。筆者が今回買ったタイヤより断然コスパの良いタイヤが見つかると思います。

  • 車のメーカー
  • 車種
  • 年式(車検証の初年度登録年月日のところに記載。またはシートベルトにも記載されています)
  • 現在装着中のタイヤサイズ(2通りの調べ方があります↓)
【タイヤサイズの調べ方①】
タイヤサイズはタイヤの側面にメーカー名や商品名とともに表示されています。上の画像では「205/65R15」がタイヤサイズです。
【タイヤサイズの調べ方②】
運転席側ドアを開けた内側の部分にタイヤサイズとタイヤ空気圧が記載されているステッカーが貼ってあります。(車種によってはないタイプもあります)
タイヤ検索はこちら
タイヤ買うなら【タイヤフッド】